黄斑変性症で疲弊したがゆがみもアサイーベリーでよくなった

私の目に異変が現れたのは、60歳のときでした。定年になって安心して疲れがでたのか急に疲れを感じるようになりました。

視力が落ちた感じがして、特に、左目のかすみとぼやけがひどくなってきました。そこで、眼科で検査を受けたところ、医師から「左目に眼底出血がある」と告げられました。

長年の高血糖の影響で眼底出血を起こしており、糖尿病網膜症との診断でした。その上、白内障と黄斑変性症も併発していることが判明したのです。

失明リスクが高い状態だったため、すぐに手術を2回受けることになりました。手術自体は無事成功したものの、黄斑変性症は完全には治りませんでした。

術後しばらく経った頃から、左目で3〜5 m以上遠くを見ようとすると、物がゆがんでH見えるようになりました。真っすぐな家の柱も、グニャリと曲がって見えてしまうのです。

63歳のときにふたたび眼底出血を起こし、レーザ一泊療で止血しましたが、視界のゆがみは続いていました。「すぐに目が疲れてしまうので、大好きな読書も思うようにできず、目が不自由なつらさを痛感する毎日でしね。『いつか失明するかもしれない』という不安も、常にありました。

そんなとき、「アサイベリーには目によいアントシアニンの含有量がずば抜けて多い」という情報を耳にしました。「薬ではないから、ある程度の期間、継続してとらないと、効果のほどはわからない」とパンフレットにも記載がありました。

毎日アサイベリーをとり始めました。すると、予想外に早く結果が現れたのです。「アサイベリーを毎日とり始めて2ヶ月半ほど経った頃、ふと窓の外を眺めると、ゆがんでいた景色が真っすぐ正しく見えたのです。『まさか!』と思いましたが、視力検査の結果も、それまでの0.3から、0.8にまで回復。わずか2.5ヶ月での劇的な変化に、最初は信じられない気持ちでした。

ゆがみの度合いはその後も軽減し、1年後には、ほぼ自覚しない程度まで改善。現在もアサイベリーをとり続けており、目の調子はすこぶる快調です。疲れ目が出なくなり、趣味の読書も思う存分楽しめます。定期検査の結果も良好で、主治医から『毛細血管の出血もなく、すごくきれいな眼底ですよ』と、ほめられました』眼底出血が再発する不安も消え、ホッとしました。アサイベリーとの出合いが大きな転機になりました。



[PR]
by acai-b | 2018-04-03 11:04