30年以上続けてきた白内障の進行がストップし、アサイーベリーのおかげでオペも回避できた!

この調子なら次の免許の更新もできそう!!

白内障と診断されてから、もう31年になります。2つ年下の夫も、私より12~3年遅れて白内障になりました。夫婦で同じ病院に通い、点眼薬での治療を続けてきました。

私の場合、白内障の進行のスピードは比較的ゆっくりで、景色をながめたり家事をしたりするぶんには、それほど不自由を感じていませんでした。でも、さすがに私も年を取りました。目も限界なのでしょう。昨年ぐらいから、新聞の小さい文字が読めなくなってきたのです。長年つけてきた家計簿を臼見ても、「39」なのか、「89」なのか、自分で書いた数字ですら、区別がつきません。

そんなとき、たまたまラジオで、白内障の人も愛用しているという「アサイベリー」のことを知りました。期待はあまりしていませんでしたが、とり始めたところ、今年に入ってから、ずいぶん日の調子がよくなったのです。

私たち夫婦は半年に一度、眼科に通っています。実は、私も夫も前回の受診時に、「半年後くらいに、そろそろ白内陣の手術が必要になるかもしれません」と主治医から宣告されていました。

しかし、半年後に受診すると「まだ、手術をしなくても大丈夫ですね」といわれたのです。夫も「悪くないですね」といわれたそうで、胸をなで下ろしました。「アサイベリーをとっていたら、半年で事情が変わっちゃったわね」「こんなめずらしいこともあるんだね」と、夫婦で話すほど、望外のうれしい出来事でした。

夫は今でも、車を運転します。去年の免許更新時の視力は0.7。「このぶんだと、次の免許の更新も大丈夫そうだ」と、自信がわいてきたようです。

一方、私の趣味は読書で、実用書や料理本をよく読みます。新聞より大きな文字なら、まだまだ十分楽しめます。これまでも日にいいというものは、さんざん試してきましたが、効いた! という実感はなかなか得られませんでした。「これは本物だわ」と初めて思えたのが、アサイベリーでした。「私たちが生きている限り、とり続けましょうね」なんていいながら、毎日愛用しています。





[PR]
by acai-b | 2018-02-06 11:36 | 白内障