アサイーベリーで2重に見えていた視界が改善

新聞の小さい文字もすらすら読める

この歳になるまで疲れ目というものを全く知りませんでした。若いころから目に関することで困ったことも悩んだこともありませんでした特に自覚していたわけではありませんでしたが目には自信がありました。

しかし、3年ほど前から視力に異変を感じるようになりました。仕事の影響だろうとすぐに思いました。私は、タクシー会社勤務で、タクシー の配車を行う部署で毎日、働いています。パソコンの画面と常ににらめっこ状態で刻一刻と変わるタクシーの位置を確認しながら、お客様の要望に合わせて的確に配車をし続けなければなりません。

タクシーは、当然24時問体制ですから、泊まりで勤務するときには、夜問に12時間もぶっ通しでパソコンを操作し続ける、ということもあります。昼間はそうでもなくても夜になると目の疲れでぼやけてきたり、2重に見えたりすることもありました。

加えて、私は韓流や洋画などの外国映画が大好きです。あるときふと気づくと、画面の字幕が二重にぼやけて見にくくなっていました。初めてだったのでとても驚きました。これまでハッキリ見えていたのが、突然です。車の運転をしているときも、道の中央線がズレて見えるばかりか、50mぐらい先のタクシーも二重にぼやけて、よく見えません。

1.5もあった自慢の視力はいつの間にか0.5まで落ちていました。視力の低下と目の衰えを嘆いていた私に、知人が勧めてくれたのが「アサイベリー」だったのです。まずは2~3ヶ月ぐらいは続けなければ効果はわからないと思っていました

とりあえず、効果がわかるまで飲み続けるつもりでした。テレビの字幕が、以前のようにハッキリと見えることに気づいたのは、飲用開始から2ヶ月ほどたったころです。さらに、老眼鏡がないと見えづらかった新開の小さな文字が、老眼鏡なしでもスラスラと読めるようになりました。なんと、落ちていた視力は0.5から0.8に回復。パソコン作業は裸眼でこなせます。

69歳の今でも配車の仕事が続けられるのは、日に自信を取り戻せたからです。3年ほど前から、地区の区長を務めているのですが、回覧用の文書は、すべてパソコンで私が作っています。けっこう細かい入力作業になりますが、今のところ全く苦になりません。アサイベリーは、私に合っていたのだと思いますが、ほんとうに助かりました。同じ悩みを持つ人には、積極的に勧めるようにしています。



[PR]
by acai-b | 2017-08-09 10:54 | 疲れ目 | Comments(0)