アサイーベリーで緑内障の視野欠損が止まり眼圧も下がった

裸眼で落下したところまでゴルフボールを追える!

私は、高校2年の終わり頃から近視が進行し、視力が一番落ちたときでで0.01まで悪化しました。眼科に通う生活がずっと続いています。

10年ほど前には、眼科検診で「緑内障の可能性あり」と指摘されとにかくショックでしばらくご飯も喉を通りませんでした。視力を失うかも… …と想像すると、恐ろしくて不安でいっぱいでした。3年前には、視界に小さな欠損ができていることが判明し、加えて飛蚊症まで発症していることがわかりました。
視界の中に、黒い糸のようなものがゆらふゆら… … 。サッと拭いたら取れそうなのにと、もどかしい気持ちでいっぱいでした。

ほかにも、視界がぼやける、ピントが合いにくい、疲れ目、ドライアイなどなど、きりがありません。雑誌や新聞を読み始めて15分もたつと、ピントが合いづらくなるのです。それでも我慢して読み続けていると、目の奥から頭までズーンと鈍痛がしてくるので、読みたい本でも読む気力が失せてしまいます。

「アサイベリー」の評判を知ったのは、ちょうどそのころ。目の不調ばかりが起こり、気持ちがふさいでいるときでした。

私は、わずかな望みを抱き、アサイベリーを飲み始めました。すると3ヶ月ぐらいたったころから、週刊誌を2時問近く読み続けられるようになったのです。

目のショボつきが全く起こらないので、驚きました。それからは、車の運転中に道路標識がよく見えるようになり、明らかに目が変わってきたことを実感。対向車のライトがまぶしくて、視界を奪われそうになることもなくなりました。趣味のゴルフの練習でも、アサイベリーの効果が出たようです。打ったボールの軌道を裸眼で追えて、140ヤード先の落下地点までハッキリと見えます。

さらに感激したのは、アサイベリーを飲んで5ヶ月後、飛蚊症の症状が軽快したことです。緑内障の視野欠損も現状維持。眼科で処方された目薬に加え、アサイベリーを常飲したのが、功を奏したのでしょう。眼圧も基準値内の1〜12mmHgを保っており、ひと安心です。

目の健康は何物にも代えられません。私にとってアサイベリーは最も価値あるものです。





[PR]
by acai-b | 2017-06-08 09:39 | 緑内障 | Comments(0)