私の目に異変が現れたのは、60歳のときでした。定年になって安心して疲れがでたのか急に疲れを感じるようになりました。

視力が落ちた感じがして、特に、左目のかすみとぼやけがひどくなってきました。そこで、眼科で検査を受けたところ、医師から「左目に眼底出血がある」と告げられました。

長年の高血糖の影響で眼底出血を起こしており、糖尿病網膜症との診断でした。その上、白内障と黄斑変性症も併発していることが判明したのです。

失明リスクが高い状態だったため、すぐに手術を2回受けることになりました。手術自体は無事成功したものの、黄斑変性症は完全には治りませんでした。

術後しばらく経った頃から、左目で3〜5 m以上遠くを見ようとすると、物がゆがんでH見えるようになりました。真っすぐな家の柱も、グニャリと曲がって見えてしまうのです。

63歳のときにふたたび眼底出血を起こし、レーザ一泊療で止血しましたが、視界のゆがみは続いていました。「すぐに目が疲れてしまうので、大好きな読書も思うようにできず、目が不自由なつらさを痛感する毎日でしね。『いつか失明するかもしれない』という不安も、常にありました。

そんなとき、「アサイベリーには目によいアントシアニンの含有量がずば抜けて多い」という情報を耳にしました。「薬ではないから、ある程度の期間、継続してとらないと、効果のほどはわからない」とパンフレットにも記載がありました。

毎日アサイベリーをとり始めました。すると、予想外に早く結果が現れたのです。「アサイベリーを毎日とり始めて2ヶ月半ほど経った頃、ふと窓の外を眺めると、ゆがんでいた景色が真っすぐ正しく見えたのです。『まさか!』と思いましたが、視力検査の結果も、それまでの0.3から、0.8にまで回復。わずか2.5ヶ月での劇的な変化に、最初は信じられない気持ちでした。

ゆがみの度合いはその後も軽減し、1年後には、ほぼ自覚しない程度まで改善。現在もアサイベリーをとり続けており、目の調子はすこぶる快調です。疲れ目が出なくなり、趣味の読書も思う存分楽しめます。定期検査の結果も良好で、主治医から『毛細血管の出血もなく、すごくきれいな眼底ですよ』と、ほめられました』眼底出血が再発する不安も消え、ホッとしました。アサイベリーとの出合いが大きな転機になりました。



[PR]
# by acai-b | 2018-04-03 11:04

この調子なら次の免許の更新もできそう!!

白内障と診断されてから、もう31年になります。2つ年下の夫も、私より12~3年遅れて白内障になりました。夫婦で同じ病院に通い、点眼薬での治療を続けてきました。

私の場合、白内障の進行のスピードは比較的ゆっくりで、景色をながめたり家事をしたりするぶんには、それほど不自由を感じていませんでした。でも、さすがに私も年を取りました。目も限界なのでしょう。昨年ぐらいから、新聞の小さい文字が読めなくなってきたのです。長年つけてきた家計簿を臼見ても、「39」なのか、「89」なのか、自分で書いた数字ですら、区別がつきません。

そんなとき、たまたまラジオで、白内障の人も愛用しているという「アサイベリー」のことを知りました。期待はあまりしていませんでしたが、とり始めたところ、今年に入ってから、ずいぶん日の調子がよくなったのです。

私たち夫婦は半年に一度、眼科に通っています。実は、私も夫も前回の受診時に、「半年後くらいに、そろそろ白内陣の手術が必要になるかもしれません」と主治医から宣告されていました。

しかし、半年後に受診すると「まだ、手術をしなくても大丈夫ですね」といわれたのです。夫も「悪くないですね」といわれたそうで、胸をなで下ろしました。「アサイベリーをとっていたら、半年で事情が変わっちゃったわね」「こんなめずらしいこともあるんだね」と、夫婦で話すほど、望外のうれしい出来事でした。

夫は今でも、車を運転します。去年の免許更新時の視力は0.7。「このぶんだと、次の免許の更新も大丈夫そうだ」と、自信がわいてきたようです。

一方、私の趣味は読書で、実用書や料理本をよく読みます。新聞より大きな文字なら、まだまだ十分楽しめます。これまでも日にいいというものは、さんざん試してきましたが、効いた! という実感はなかなか得られませんでした。「これは本物だわ」と初めて思えたのが、アサイベリーでした。「私たちが生きている限り、とり続けましょうね」なんていいながら、毎日愛用しています。





[PR]
# by acai-b | 2018-02-06 11:36 | 白内障

ゲートボール球の数字が鮮明に見える

現役時代は、鉄道会社で働いていました。若いころから毎日、細かい字の時刻表とにらめっこする生活を送っていました。今のようにPCなどない頃から最近までずっとです。
また、無類の本好きで、自宅では読書に明け暮れていました。長編の歴史小説から百科事典まで、何度も読み返したものです。

こうした長年の目の酷使が、影響したのでしょう。年齢とともに視力の衰えを実感し、日常生活にも少しずつ支障が出てきました。

自動車の運転では、メガネをかけていても視界がぼやけるようになり、「これではどうにも危険」と感じるほどに悪化してしまいました。

趣味のグートボールでは、目標にする球の数字が見えにくくて困りました。そもそも、これが見えないとゲームにはなりません。実際に視力が落ちて、続けられなくなった仲問もいるのです。

そんなときにアサイーベリーの存在を知りました。「これだ!」と直感した私は、すぐに取り寄せて飲んでみることにしたのです。すると、早速うれしい変化がありました。

ゲートボールの球の数字が鮮明に見えてきたのです。「これなら、ゲートボールをまだまだ楽しめる」と、ひと安心しました。

それから、日常生活ではメガネがほぼ不要になりました。裸眼でいるほうが快適で、メガネをかけると、むしろ視界がぼやけるほどです。懸念していた車の運転も、今では全く問題なし。毎日快適にハンドルを握っています。

この調子なら、次の免許更新ではメガネの条件が外せるかもしれません。さらに、以前から患っていた緑内障も、進行が止まったようです。
眼圧が上昇し、病院の点眼薬でも改善しなかったのが、今では基準値内まで下がりました。これがアサイベリーのパワーなのかと、心底感心。家族も喜んでくれています。何歳になっても、趣味のゲートボールや運転を楽しめるというのは、ほんとうに有り難いことです。目の不安から私を解放してくれたのは、アサイベリーです。感謝しかありません。
そんなとき、

[PR]
# by acai-b | 2017-11-21 10:26 | 緑内障

目のしょぼつき、充血も改善

絵を描くことが生きがいだった私にとって、目の健康は死活問題でもあります。けれども、40代から老眼を自覚したのを皮切りに、さまざまな目の不調に悩まされてきました。7年前には白内障で両目を手術。同時期に左目が緑内障になり、それからというもの、点眼薬を手放せなくなりました。

さらに、飛蚊症が消えないのも悩みの種でした。今年2月には、ついにものが二重にズレて見えるようになり、ふすまの取っ手をつかみそこねるような状態になつたのです。これには困り果てました。

以前は、絵を何時問も描いていられたのに、ここまで目が悪くなつては、浮世絵など日本画の描写をするときに、手もとの絵柄が二重になり、バランスよく描くことができません。眼科を何度も受診しましたが、結果はいつも異常なし。

視力そのものはいいからと、具体的な治療はしてもらえません。「絵を描けない人生なんて」と気持ちはめいるばかり。

そんなときに、アサイベリーの評判を聞きつけました。目にいい成分のアントシアニンがずば抜けて多いというのです。私は、すぐに試すことを決意。

アサイベリーを初めて飲んだ日のことは、今でも忘れられません。飲んでほんの数時間後には、2~3個あった飛蚊症の黒い点が消失したのですから。

2カ月ほどすると、さらに前進。二重にぼやけて見えていたものがピタツと合い、ズレのない明瞭な視界が戻ってきたのです。

なんの前ぶれもなく、不自由な視界からボンと解放された、というのが実感です。あまりのうれしさに、お赤飯たを炊いて、知人や友人に「よく見えるようになったよ」と報告しました。

おかげさまで、今では趣味の絵に好きなだけ没頭できています。人物の髪の毛まで細かい描写も思いのまま。長時間描き続けても、目がしょぼしょぼしたり充血したりすることもありません。テレビの字幕もハッキリと読めるようになりました。アサイベリーには、良好な視界というすばらしい贈り物をもらいました。大感謝です。




[PR]
# by acai-b | 2017-09-14 11:41 | 疲れ目

目の調子が驚くほどよくなった

ァサイベリーに出会うまでの私は、年々悪くなる目の症状に、なす術もない状態でした。3年ほど前、目がかすんで、車の運転中に道路標識が見えづらいと感じるようになりました。これはまずいな!と感じました。

特に、夕暮れどきや夜間は、視界がかすんでよく見えず、下手をすると事故につながりかねない状態でした。危険を自分のことと本気で心配するようになりました。かすんでみる視界の景色は急激に進行したように感じていました。

もともとの近視と乱視に加えて、老眼も年齢とともに進み、メガネも何度か買い替えていたので、最初は「メガネが合っていないのかもしれない」と思いました。
再度、メガネ店で検眼を受けましたが、「メガネの度は合っています」とのこと。翌日、眼科を受診すると、私の両目は白内障を発症していることがわかったのです。

眼科医は「まだ初期ですから、しばらくは様子を見ましょう」というだけ。困っているのに、なんの処置もしてくれませんでした。

私にとって、車の運転が不便なのは大問題です。すでに、近くまで寄らないと道路標識が判別できないほど悪化していました。趣味の読書も、30分も続けると目がショボショボに。

さらには、肩こりまでひどくなってきていました。「アサイベリー」の評判を知ったのはそんなときで、昨年9月のことです。

いいといわれたら試さずにはいられない性分の私が、見逃すはずはありません。早速、朝と晩に毎日欠かさず飲むことにしました。私の場合、飲み始めて2ヶ月ほどで効果を実感できました。車を運転していても、目のかすみやぼやけが気にならなくなったのです。

これは朗報です。さらに、読書をしていても目が疲れにくいうえ、文庫本の漢字のふりがなの小さな文字まで、難なく読めるようになりました。
少しでも読書が楽になればと買っていた拡大鏡も、しまいっぱなし。12月には、車の免許更新があつたのですが、裸眼で問題なく合格できたことも、ぅれしい驚きでした。

その後も、視界は一切、ぼやけることなく、運転も読書もすこぶる快調。まさかここまで回復できるとは。これからも、アサイベリーで、目の調子を維持していくつもりです。



[PR]
# by acai-b | 2017-08-12 13:53 | 白内障